TEL

プロスポーツ専門外来 | さいたま市・さいたま市西区・さいたま市北区大和接骨院 整形と併用できる接骨院

お問い合わせはこちら

プロスポーツ専門外来




プロスポーツ専門外来とは、スポーツに特化した専門外来です。

当院には、沢山のスポーツ競技者が来院されますが、その中でも特に多い症状がグロインペインと呼ばれる怪我です。グロインとは「大腿部の付け根部分」を意味しており、グロインペインを引き起こしてしまうと、骨盤帯から下肢の協調性が悪くなり、股関節、足関節にも影響が出てしまいます。この症状は世界でも活躍する有名なプロサッカー選手なども苦しめられており、一度発症してしまうと改善されにくいという特徴がございます。

辛い症状を我慢しながらスポーツを続けてしまうと、症状がどんどん悪化してしまいますので、お早めに専門の医療機関にて施術を受けることが大切です。

グロインペイン引き起こしやすいスポーツ

グロインペインは、股関節を過剰に使うサッカーや陸上、テニスなどの競技者に多発し、プレー中に下肢が不自然な動きをして、膝や足首を内側に捻ったり、大腿部から腓腹筋(ふくらはぎ)までの体幹のバランスが崩れてしまって怪我をしやすくなったりとパフォーマンスの低下に繋がります。

多くの場合、適切な施術を行えば、1~2ヶ月程度で改善されるのですが、中々改善されない場合もございます。スポーツ選手にとってはプレーにも大きく影響する問題ですので、早めに解決する必要があるでしょう。

大和接骨院ではプロスポーツ専門外来という窓口を設置しており、今まで多くのグロインペインでお困りの方の施術を行ってきました。グロインペインはもちろん、スポーツに関連する症状全般に精通しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

グロインペイン引き起こす要因として

グロインペインを引き起こす要因は主に下記となります。

・股関節の可動域不足
・臀筋部分の過緊張又は弱化
・誤ったトレーニング

様々な要因が絡み合ってグロインペインは発症いたしますので、他にも引き起こす要因は沢山ございます。要因となっている箇所を的確に判断し、そこに対して適切な施術を行うことが重要でございますので、どこの医療機関を受診しても中々症状が改善されないという方は、是非大和接骨院に一度ご相談下さい。

グロインペインの施術

大和接骨院では、体幹や股関節周りの可動域、筋力の安定性、体幹と下肢の協調性を評価していき、その中で異常が見られた部分に対して施術を行っていきます。その中で平行して、トレーニングなどのリハビリも実施しております。

グロインペインなどのスポーツ障害というのは、間違った身体の使い方から発生することが多いです。その為、スポーツ障害をしっかりと理解し、日常生活においても立ち上がり動作、着座動作、歩行動作、走るといった日常生活動作を正しく行うことで身体の機能を高めてあげれば、動作をよりスムーズに、かつ機能的に行うことができるようになります。つまり、間違った動作をなくして、正しい動作を行える身体になり、ケガを少なくすることができるようになるのです。

当院では、こういった正しい動作を身体に覚えさせるトレーニングも行っており、ケガの再発予防にも取り組んでおります。